• コーポレートサイトにちょうどいい国産CMS
  • 全て日本語の国産CMSだから、設置も更新も簡単、わかりやすい。
  • 標準的なWebサイトに必要な基本機能を全て装備
標準的なWebサイトに必要な基本機能を全て装備

Activity
活動内容

Policy
活動の趣旨

一般社団法人共にいきるは、多様性のある誰もが生きやすい社会の実現を目的に活動を行っており、様々な理由で人が本来有している基本的人権を侵害され、社会で生きづら思いをしている人たちの支援をしています。

最近、「多様性が必要だ」という主張を、良く耳にするようになりました。でも、なぜ社会に多様性が必要なのでしょうか。

この日本社会は同調圧力が高いのが特長です。男はこう生きなければならない、女はこうしろ、こういうシチュエーションではこのように行動しなければいけないといった固定化された価値観が存在しています。

この社会では、その価値観に沿って生きるのが当然だと思われており、価値観から派生した数多くあるルールの1つでも守れなかったら、即、他の部分も含めて全否定される傾向が強くあります。1つでも枠からはみ出たら空気を読めない人間、協調性のないヤツだと周りから無視され、ひどい場合は社会から抹殺されてしまいます。

人はみなそれぞれが違った個性を持っています。社会がこと細かいルールに従うように全員に(暗黙のうちに)要求していても、そのルール全てに従って行動できない人が出てくるのは当然のことです。

ルールの元になっている価値観に疑問を持つ人もいるでしょう。あるいは、その価値観は認めながらも、身体的、精神的な問題、金銭的、時間的な問題で価値観通りに行動できない人もいるでしょう。

社会はこれまで、そういった価値観通りに生きられない少数派の人たちをルール通りに行動できないからと言って排除してきました。

でも考えてみて下さい。いつ自分が少数派になって、社会から排除される側に回ってしまうか分からないのです。交通事故にあって身体障がい者になる。病気になって仕事を辞めざるを得なくなり、金銭的に行き詰まる。会社で仕事に追いまくられ、うつ病になってしまう。これらはいつ、誰に起こってもおかしくありません。そのような状況に陥ったときに、社会が普通と考えていることを普通にできるとは限りません。いえ、何かしらのことができなくなると考えた方がいいでしょう。

自分が社会的弱者になったときに、あいつは違うといって排除される社会と、個として尊重してくれる社会。あなたはどちらの方がいいですか。
私は、後者の方がいいと考えています。
後者の社会実現のためには、多様性を認めることが必要だと思います。多様性を認めるとは、自分の考えと異なる考え方をする人たち、自分の行動とは違った行動をする人たちが存在することを認めること、自分と異なる考えや行動を頭から否定するのではなく、そういう考え、行動もありえるんだと受容することだと、私は考えています。

どのような人でも、あるいはどのような状態の人でも、攻撃、排除されることなく生きていける社会を作りたい。

そして、誰もが笑顔で幸せに生きている社会にしたい。

そのような思いから、この社団法人共にいきるを設立しました。

代表理事 鈴木邦男


追伸
この趣旨に賛同して下さる方は、以下の口座にご支援いただければと思います。


郵貯からの送金
記号10140
番号88557621
一般社団法人共にいきる


銀行からの送金
ゆうちょ銀行 〇一八支店(ゼロイチハチ)
普通8855762
一般社団法人共にいきる

ABOUT
法人概要

法人名 一般社団法人 共にいきる
所在地 東京都豊島区東池袋1丁目34番5号 6F
代表者名 鈴木邦男
事業内容 (1)人権相談事業
(2)裁判支援事業
(3)生活自立支援事業
(4)人権擁護に関する調査・研究事業
(5)人権に対する社会的関心を喚起するための広報事業
(6)その他、上記各号に関連する一切の事業